合宿免許と普通の通学の違い

合宿免許による運転免許の取得が、一般的な自動車学校への通学による免許の取得と大きく違うところといえば、一定の期間宿泊をしながら、集中してさまざまな教習を受けられるという点が挙げられるでしょう。

実際に自動車学校のコース内や公道を走る技能教習の場合には、教習用の自動車と教官が確保できなければ意味がありませんので、受講生はそれぞれ予約をして、空きがあれば先着順で受講可能となり、後から来た場合はキャンセルがあったときに限って認められるというのが一般的です。しかし、合宿免許の場合には、あらかじめ受講者の数とカリキュラムが決まっていますので、教習用自動車と教官についても、予約をしなくてよいという確実性があります。

免許合宿の役立つ情報をまとめています。

また、通学の場合には都合のよいときに確実に受講できる保証がないという予約制の弊害ともあいまって、一般に卒業までの期間は長くなってしまいがちです。



いっぽう、合宿免許であれば、あらかじめ何日目にどのような項目を受講するといったスケジュールが最適に組まれていますし、宿泊をしている以上は自宅からの通学にかかる時間的ロスも防げますので、わずか数週間といった期間内に運転免許を手に入れることができるというメリットがあります。



さらに、合宿免許では宿泊施設の近くに観光名所があったりすることが多く、教習以外の時間はこうした名所めぐりなどにあてることも自由となっていますので、免許取得という実益と、観光という趣味の部分を兼ねるという使い方もできます。