合宿免許は約2週間で免許取得が可能

自動車免許を取得するためには、自動車教習所に通って運転技術を学ぶのと同時に、交通ルールや交通標識などの学科を学ばなければなりません。

通常卒業するまでには、週4~5日のペースで1か月半程度の日数がかかります。もう少し早く卒業できそうに思うかもしれませんが、実技が一日に2コマまでというような制限を設けていることが多いために、早く卒業したくても、1か月以上の日数が必要になってしまうのです。そうなると、たとえば他県の大学に通っている大学生などが、夏休みや春休みを利用して実家に帰省したときに自動車免許を取得しようと思っても、時間的に難しいことになります。

そのようなときに便利なのが合宿免許です。

合宿免許について詳細をご紹介いたします。

合宿免許というのは、その名の通り宿に寝泊まりしながら、集中的に実技と学科を学ぶことができるもので、平均すると2週間程度で確実に自動車免許を取得することができます。



もちろん、運転技術の習得には個人差がありますので、早い人もいれば、遅い人もいます。



しかし、それでも毎日集中して練習を重ねることで、通常の通学生に比べると運転技術を確実に実につけていくことができます。


また、地方の合宿免許を選ぶと、都心部と比べると遥かに交通量の少ない道路で路上教習を行うことができるので、気持ち的にも楽です。

決められたスケジュールで卒業することができないと、その分は通学と同様に費用がその分が加算されますが、合宿免許はもともとの基本料金が安いので、負担は少なくてすみます。