合宿免許の卒業までの最短日数

自動車の運転免許を取得するにあたっては、教習所に行かずに都道府県警察の運転免許センターで実技の試験を受けて一発合格という手もないわけではありませんが、一般には教習所に通学して所定のカリキュラムを受け、そこを卒業してから学科試験や適性検査に臨むというスタイルをとります。


普通自動車運転免許を取得するためのコースであれば、少なくとも技能教習として34時限、学科教習として26時限を履修することが必要となり、その間には各種の検定などもあり、一定のレベルに達しているかどうかが判定されます。



技能教習であればそれぞれの項目ごとに教官からの見極めをもらう必要がありますので、運転技能に不安がある場合には、大幅に時間数を超過してしまうこともめずらしいことではありません。



こうした履修時間数については、教習所への通学で運転免許を取得する場合も、合宿免許で取得する場合も、実はかわりがありません。
ただし、合宿免許のほうは、できるだけ無駄を省いて毎日の時間割が決められていますので、通学のように自己都合で履修をキャンセルしたり、あるいは定員超過で履修できないといったおそれもなく、粛々と時間割どおりに履修が進み、結果として最短の期間で卒業することが可能となります。

鳥取県自動車学校といえば情報満載のサイトがたくさんあります。

とはいえ、技能教習などは連続して何時間も受けてしまうと肉体的な疲労による事故のもとになりますので、合宿免許でも1日あたりの時間数が制限されています。

そのため、合宿免許といっても、最短はオートマ限定の場合で14日程度というのが相場となっています。