合宿免許は旅行気分で

合宿免許は旅行気分で運転免許が取れるすばらしいシステムです。

それはまず基本的に自分の住民票のある自治体や県内では利用できないことになっているからなのです。

どのくらいまでがダメかは色々ですが、基本的に住民票のある県内では合宿免許は利用できません。

ただし県内でも同一市内や隣接する市町村でなければ利用できるところもあります。



つまり基本的にまったく馴染みのない他府県でも教習を受けることになります。
ですから思い切ってどこか遠くの行ったことない地方を選ぶと本当に旅行気分で楽しいと思います。

それに多くの合宿免許では合宿所までの往復の交通費を支給しているので、遠くの場所を選んでも交通費がかさむと言うこともないのです。普段の生活から離れてまったく違い場所で過ごす2週間ほどの旅行はなかなか体験できないものといえるでしょう。

宿舎も好みに応じて選べます。
安さを重視するのなら専用の宿舎を持っていいるようなところがいいでしょうがその場合には相部屋になりますし、プライバシーなどに問題を感じるようなら一人部屋を選べるところを利用すると良いです。



更にウイークリーマンションやホテルを使っているところもあります。

例えば温泉地のホテルを宿舎にしているようなところがあり、さすがに少し高くつきますがそれでも普通に連泊しているのに比べればうんと安い料金で利用できます。


いわば運転免許を取りながら湯治しているようなものです。
そう考えると2週間と言う長さもちょうどいいといえるかもしれません。