人気のある合宿免許とはなにか

最近、インターネットなどで合宿免許という言葉をよく目にするようになっています。

いったいどんなものなのかきになるという人もたくさんおられます。



合宿免許とは、主に地方の自動車学校で提供されているサービスです。申し込んだら、地方の自動車学校が用意をする宿泊施設に泊まり込みます。
そして、一定期間をかけて免許を取得するのです。

これは、免許を取得する側にも自動車学校側にもメリットがあるサービスです。

申込者は、無駄なく短時間で免許の取得ができます。



一般的に、14日から16日間となっています。

自動車学校側にも、事前予約で、2週間から3週間おさえる形になります。



そのため、無駄なく教習所を運営することができるのです。

過疎化が進んでいる地方の自動車学校になってくると、合宿免許が大きな収益源となっている場合が少なくありません。

一般的に、合宿免許で取得することができる資格にはなにがあるのかというと、ATとMTの普通自動車免許や普通二輪や大型二輪、中型車や大型車、大型特殊やけん引、普通二種、中型二種や大型二種となっています。

自動車学校によっては、普通自動車免許しか対応していないところもあるので、事前に確認することはとても大切です。合宿免許は、特別なスケジュールが最初から組まれています。

またわ地方なので、のびのびと生活することもできます。

地方の自動車学校であれば、交通渋滞のない環境で、運転の練習をすることが可能となっています。