合宿免許のメリット、デメリット

合宿免許免許とは運転免許取得の際、卒業シーズンや夏休みなどで混みあう都市部の教習所を避け地方の教習所に通う事です。


合宿免許のメリットはまず、都市部の教習所が混みあう時期でもスムーズに教習を受ける事が出来、短期間での計画的な免許証取得が可能であるという点です。

また、免許取得までの費用も宿泊費込で都市部の教習所よりも安く設定されており、負担が少ないという事も挙げられます。

合宿免許では、学校帰り、仕事帰りなど空いた時間で通う事になる通常の教習とは違い、一日中教習漬けとなる為短期間での免許取得が可能(ATで2週間)となります。
キャンセルが出た場所の実地教習も優先して入れますし、また教習所側から見ても、混雑する時期、時間帯を避けて教習出来る為に経営に都合の良いシステムとなっているので宿泊費、食費を込にしても安く出来るという事になります。



この様に免許を取る側、教習所側双方にメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。



合宿免許では決められた期間内に運転免許を取得出来ますが、その期間は当然会社にも行けませんので、社会人になってからは実質不可能です。


学生の方でも長期休みでない限り同じです。約2週間での免許取得が可能でも、2週間をそれだけにつぎ込む時間的余裕が無ければ、合宿免許での免許取得は不可能と言っても良いでしょう。



他にも様々なメリット、デメリットがありますが、よく調べてみて自分の状況に適した方法での免許取得を行うと良いでしょう。