合宿免許にかかる総費用とは

合宿免許は、自動車学校が準備したホテル、旅館、寄宿舎、コテージなどの宿泊施設にみんなで泊まりこみをしながら、入校から卒業までのタイトなカリキュラムを集中してこなすことによって、最短の期間で運転免許を取得するというものです。
そのため、一般的な自動車学校への自宅からの通学という方法にくらべると、宿泊施設に宿泊する代金やそこでの食事代、移動のための交通費といった費用が、別途必要になってくるということがわかります。



また、合宿免許のように宿泊をするかどうかにかかわらず、学科教習や技能教習といったものを受けるための教習費やテキスト代、試験の代金なども必要となってきます。



こうしたものをあわせると、宿泊施設のグレードなどに左右されるところもありますが、合宿免許の総費用は、おおむね20万円から40万円の範囲というのが、全国的な相場であろうと考えられます。

もっとも、合宿免許の場合は短期集中のカリキュラムであり、その場でキャンセルが出たり、後から追加で受講生が増えたりといった不確実な要素が少ないため、教習費の部分については通常よりも大幅に割引となっています。
そのため、宿泊の部分の費用を加えたとしても、トータルで考えれば十分に安価な価格ということができます。

さくら那須モータースクールについて知りたい方のお手伝いをします。

さらに金額を抑制したいという場合には、たとえば多くの受講生が集まる夏休みのシーズンではなく、受講生が集まらないために価格が安くなっているオフシーズンや、自動車学校が所有する寄宿舎などを使う合宿免許などが狙い目といえるでしょう。