合宿免許の後で注意しなくてはならないこと

合宿免許で晴れて免許を取得したというような場合、その後では少々注意をしなくてはならないことがあります。免許を取ったということで喜び、うかれてしまうこともあるのですが、それでもそこで気を緩めてはなりません。



ではどういったことに注意をすればよいのかというと、最も注意をしなくてはならないこととなるのが「遠方で免許を取った場合には自分の居住地と道路事情が異なることが多い」ということです。

合宿免許の中では仮免許講習、実際に公道を走る講習もありますが、そこで走る風景は自分の家の周りとは異なります。



このことを忘れてしまうと、自宅に帰って車に乗ろうとした時、道路事情の違いに戸惑って上手く走ることができないというようになってしまう人が多いのです。
それによって事故が引き起こされてしまうケースもありますから、ここはしっかり考えておく必要があります。

また合宿免許後ということで注意をしたいのが、「短期間で詰め込んだことは忘れるのも早い」ということでしょう。

普段はなかなか目にしない標識が示す内容や道路交通法のことなど、試験が終わった後で知らず知らず勘違いをしてしまうというようなことは少なくありません。

倉吉自動車学校のさまざまな情報が満載です。

そうなると思ってもみなかったところで違反だとされてしまい、それによって罰金が科せられたりといったようなことになりかねないのです。

せっかく免許を取ったのですから、誰でも長く楽しく車に乗りたいことでしょう。
そのため合宿免許が終わった後は一度落ちついてから学んだ内容を再確認した方が良いのです。