合宿免許の期間の過ごし方

合宿免許では、自動車学校に自宅から通学するスタイルとは違って、あらかじめ学校側が用意してくれたホテルや宿舎などに泊まり込み、短期集中でさまざまな教習を受けることによって、最短の期間で卒業に至るというプログラムとなっています。

このため、入学して最初に適性検査などを受け、以後も節目ごとに修了検定などの試験があるものの、一般的には午前中にホテルを出発して学校に向かい、そのまま学科講習として2時間から3時間程度を交通法規や交通安全などの知識を学ぶことについやし、午後は技能教習として1時間から2時間程度、実際に教習路を教官を帯同しながら運転して技能をみがき、その後はもとのホテルにもどって自由時間となるという日程となっています。



自由時間には学科対策のための勉強をするもよし、合宿免許で知り合った人たちとともに遊ぶもよし、といった感じで、門限などの最低限のことがらを守れば、特に行動に制約は設けられていません。

合宿免許の信頼できる情報をまとめたサイトです。

多くの合宿免許では、ホテルの周辺に観光施設やレジャー施設があったりして、免許取得という目的以外の要素でも人気となっています。



このため、合宿免許だからとあまり肩肘をはらずに、楽しみながら運転免許を取得するといった姿勢でリラックスして臨んだほうが、よりよい結果を得ることができるでしょう。
なお、もしも技能教習がうまくいかないなどの理由で時間オーバーになった場合でも、あらかじめ保険付きの合宿免許を選択しておけば、その部分の追加費用がかからないようになっています。